無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
南アフリカとトルコリラの政策金利は据え置き
昨日は、南アフリカとトルコの政策金利も発表されました。
高金利通貨として有名な両通貨。
ともに据え置きで、
南アフリカランドは、12.00%、トルコは16.75%ですね。

据え置きで十分とも思えるのですが、
ランドは下落となっています。

ほかではメジャーどころで、豪ドルがありますが、
こちらも前回据え置きで、下落となっています。

高金利通貨に総じていえるのは、インフレ気味であるから高金利というところですね。
そして、まだそのインフレは解消されていません。
原油高で、それでも、利上げを止めなくてはいけないという状況は、結構きびしい事情がありそうです。

豪の中銀総裁は、厳しい状況であることを会見で表明。
それで、豪ドルは下げています。
南アフリカやトルコの情報は、なかなか届かないのですが、
据え置きとなった裏には厳しい経済事情があるかもしれません。

高金利はとっても魅力で、この状況も、期間的に見ると、ここ半年とか1年で終了するかもしれません。
一応気をつけておいた方がいいかもしれませんね。
ただ、これだけの高金利、低レバで1年とか3年とか、長期のスパンで考えられば、おいしい通貨であることは間違いないですね。

南アフリカランドは、外為どっとコムで1万円から取引可能
トルコリラも1000通貨からヒロセ通商
で取引可能です。
| fxyuga | トルコリラ | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: