無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
自動車救済案は決まらないも、下げない株とクロス円
米自動車救済案は、結局、政府案についても、持ち越しになりそうです。
そして、日銀短観も悪かったのですが、株は上昇していますね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081215-00000017-mai-brf

米ビッグスリー救済案については、政府主導で、対策が出るとの話ですが、
今日、ブッシュ大領領が「当面発表はない」とのコメント。
ただ、これに、相場はあまり反応していません。

また、日銀短観もかなり悪いものの、もう織り込みずみのようで、日経平均は上昇。
ドル円も91円あたりを維持と底堅さを見せています。

不思議なようですが、ダウ先物も小幅ですが、上昇しています。
不思議な感じもしますが、市場の空気は、米ビッグスリーは、破綻した方がよいのでは?という空気も出ているようです。

これだけ、アメリカに裏切られた面もあり、
破綻を回避するために、GM等の資産を受継ごうにも、
アメリカの自動車業界は、労働組合が強く、労働コストも高いとか・・・
そういった意味で、トヨタなどの日本メーカーも簡単に支援という声が出せないとの状況のようです。

こういった側面もあり、一旦、破綻して、その後の枠組を考えたほうが、
結果的には、良くなるのでは?そういう声も出ているようですね。

そういう意味で、ドル円も、微妙なところのようです。
ポジション動向を見ると、ドル円は91円以上は売りで、90円50銭より下あたりから買いが入っている小幅のレンジの状態。
これからの相場次第ですが、非常に不透明であることは、間違いないようですね。

スポンサードリンク
| fxyuga | 外国為替市場:東京市場前場後 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: