無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
今日の米雇用統計の見方・・・
さあ、そろそろ米雇用統計ですね。
今日の流れですが、円安方向に進んでいて、結局ポジション調整の動きは出なかったようです。

ドル円は96円後半、ユーロ円も137円を越えたあたり、
ポンドは売られていますが、そのほかの通貨は全般的にもみあいもしくはちょっと高めですね。

イベント前の調整がなかったことで、今日の米雇用統計は、悪ければ下落気味。
良くても上値が重めになりそうな感じです。

その根拠ですが・・・
米雇用統計は流れ的に今までの相場を反転させる動きが強いからです。

基本的に、米雇用統計の予想をもとにポジションが作られるケースが多いため、実際の指標が発表されると利益確定の動きがでて、ポジションが調整される。
そういう流れが多く見られます。

週末金曜日はもともとポジション調整の流れが多いとき。
今週は、ドル高で相場が進んでいるだけに、調整の動きが出やすそうです。

ただ、当然、米雇用統計が極端に強い場合はそうではありません。
普通もしくは悪い場合はドル円およびクロス円の下落方向へ動きやすいと思っておいた方がいいかと思います。


FX 比較なら
1000通貨でもスプレッド0.5銭からFXブロードネット

トルコリラ スワップ 比較
| fxyuga | 外国為替市場:欧州時間 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: