無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
スワップ金利を積み重ねていく手法(南アフリカランドを例にして・・・)
スワップ金利を積み重ねていく手法は、
規則正しい運用ルールと複利の利用で収益を増加させていく手法です。

例として、南アフリカランドで説明します。
ランドは政策金利が7.00%、1000通貨で一番スワップ金利が高い外為どっとコムだと、1日2.2円、年間803円の金利がつきます。
少ないように思うかもしれませんが、今のレートが12円あたりですから、803/(12*1000)=約6.7%の年利、定期預金と比べると圧倒的な金利です。

スワップ金利を増やすためには、通貨量を増やせばいいんです。
FXはレバレッジが使えるので、たとえばレバ10倍で1万通貨買えば、年間8030円、8030/(12*1000)=約67%と鬼のような高金利になります。

ただ、当然、リスクも増えます。
1万通貨運用すれば、1円下げればざっと1万円損します。
資金が少なければすぐロスカットになります。
で、それを防ぐために、ロスカットにならないようにポジションを調整するわけです。

たとえば、南アフリカランドの2006年からのチャートを見ると、 南アフリカランドチャート
クリックすると拡大します。

2008/10/31の7.66が最安だということがわかります。
断言はできませんが、このラインを割り込む可能性は極めて低そうです。
7.66まで下げても耐えれるポジションを作っておけば、安心感が出るのではと考えるわけです。
外為どっとコムの場合、ランドの取引保証金は1000ランドで1万円です。
ロスカットレベルが最大30%ですから、3000円を割り込まなければOKというわけです。
今のレートが12円だとすると、12-7.66=4.34、1000通貨だと1000*4.34=4340円の最大損失となります。
これに最低の保証金3000円を足した7340円。
これだけあれば、ほぼ安心して、毎日スワップポイントを受け取ることができることになります。

ここまで考えると、投資資金と収益の関係がだいぶわかりやすくなります。
上記の例で、再度、利回りを計算すると、
803/7340=約10.9%、かなり利回りが向上したのがわかりますね。

この例はかなり安全なケースで、もう少し攻撃的にいくのであれば、ランドのスワップが一番高いDMM FXを使うケース。
取引単位が1万通貨にあがりますが、1日23円、年利8395円。
ロスカットレベルが低くて、レバレッジ200倍の場合は最低保証金が611円。
上記の例だと、10000*4.34=43400円。
これに最低保証金をたして、43400+611=44011円あれば、安心のレベル。
年利を計算すると、8395/44011=約19.1%となります。
為替差損は心配ですが、約5年で元がとれるくらいの年利ですね。

この手法はある意味ほったらかしの手法ですが、
さらに複利運用すれば、もっと、収益はアップします。

次は、複利運用について書きます。

1000通貨で上記手法を試すなら、外為どっとコム
1万通貨で利回り重視なら、DMM FX
| fxyuga | FX初心者の方に!ほんとうに1万円からはじめる外国為替FX | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: