無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
トラップトレードで細かく利益を積み上げる
システムトレードの中でも、初心者でも参入しやすく、収益を上げやすいトラップトレードについて説明します。

トラップトレードは、その名の通り、トラップ(罠)を仕掛けて、利益を上げる手法。
特に、レンジ相場、ドル円が88〜94円の間を行き来するような相場の時に効力を発揮するものです。

具体的には、ドル円が88〜94円のレンジに進むとすれば、
93円買い→94円売り
92円買い→93円売り
91円買い→92円売り
90円買い→91円売り
89円買い→90円売り
88円買い→89円売り
というような注文を入れておいて、あとは待つだけという手法。

単純な方法ですが、実際にこんな簡単な注文で利益は上がります。

その理由は、FXをある程度やっている人ならわかるのですが、
為替相場は、レンジ相場がほとんどで、ある一定の値幅を動くのが大半。
短期的には、大きく値動きしたように見えても、中期的には、レンジ内の動きだったというケースが多いからです。

ちなみに、最近1年間、上記のトラップトレードの設定をした場合 93円買い→94円売り 2回
92円買い→93円売り 5回
91円買い→92円売り 5回
90円買い→91円売り 7回
89円買い→90円売り 7回
88円買い→89円売り 3回
計29回、値幅にすると29円分の差益がとれます。
1000通貨で2万9千円、1万通貨だと29万円の値幅です。

実際、含み損の期間などもあり、うまくいった期間だったと言えばそうですが、それでも、これだけ取ることが可能なのです。

システムトレード的な手法の場合、どれだけ損をする確率があるのか?
最大ドローダウンが心配になるかと思いますが、
トラップトレードの場合、最初に仕掛けの設定をすれば、ある程度の損失の予測が建てられます。

上記の場合だと、最大損をする場合は、94円〜88円まで下げ続ける場合、88円を割ると損切した場合。
93円買い→94円売り -5円
92円買い→93円売り -4円
91円買い→92円売り -3円
90円買い→91円売り -2円
89円買い→90円売り -1円
88円買い→89円売り 0円
計15円の損失、1000通貨で1万5千円、1万通貨だと15万円ですね。
1000通貨で取引した場合でも、意外と損が少ないと感じられるのではないでしょうか?

それに、一方向に下げる相場というのはそうはなく、
下げては上げを繰り返すので、途中、90円買い→91円売りがヒットするなど、利確するケースも間に出てきます。

ある程度のリターンが得られて、損失も限定的にできる。
手法は簡単ですが、トラップトレードはなかなかうまい手法です。

1000通貨から始めれば、少ない資金でもある程度の結果は出すことができます。
トラップトレードのイメージを理解していただけましたでしょうか?

FX スプレッド
1000通貨でトラップトレードを始めるなら、FXトレーディングシステム!
1000通貨で手数料無料、ドル円スプレッドも0.5銭〜
条件は最高水準です!
| fxyuga | FX初心者の方に!ほんとうに1万円からはじめる外国為替FX | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: