無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
米国債の利回り上昇でドル円83円を回復  ドル円83.48 ユーロ円110.75 6:28 2010/12/8
 ↓6:04現在
      ドル円:82.65-83.50(82.33安 83.65高)前日比 +0.85
ユーロ円:109.98-110.82 (109.56安 111.10高) 前日比+0.83

昨日のクロス円は全体的に上昇となりました。

東京市場の前場は、日経平均がマイナス、上海株が下げるなど株価が弱くクロス円も下落。
ドル円82.33、ユーロ円109.60あたりと下を見ましたが、下値は限定的。

欧州時間に入ると、上海株、欧州株価、ダウ先物がそれぞれプラス。
さらに原油も上昇して、ユーロドルおよび豪ドルなどの資源国通貨が上昇。
米国債の利回りも上昇となり、これがクロス円の買いを誘いました。

ニューヨークに入ると、ニューヨークダウの寄り付きは+60ドルほどと強め。
ユーロドルも一時1.34をつけましたが、ここで頭を抑えられて失速。
その後は、ドル円が一気に上げて、24時台に83円超え、早朝5時台には83.50を超えました。
結果的には、ダウは-3ドルの11359ドルと失速し、これを受けてユーロドルは1.326あたりに下げましたが、ドル円が上昇した分、ユーロ円は111円を一時越えるなど堅調となりました。

カナダ、豪ドルの政策金利は共に据え置き。
利上げ観測もあった豪ドルは、数四半期のインフレは落ちつく見込みなどと2011年の利上げ観測が後退する形ではありましたが、豪ドル円も堅調となりました。

ドル円は、83円を回復となりました。
米雇用統計前のレートに戻って、もう一度の84円トライです。

ユーロ円はもみあい傾向が継続。
一目の雲の下限110.50近辺でのもみあいが継続。
111円あたりがどうも重く、ここをすんなり超えられるかどうかが鍵です。

ユーロドルは、やっぱり一目の雲の下限に頭を抑えられる展開。
1.32〜1.34のレンジが続く感じでしょうか?

週を明けて2日経つと、また米雇用統計前の相場に戻りました。
結局はレンジってことでしょうか?


[昨日の指標]
(豪)RBAキャッシュターゲット 4.75%に据え置き
(加)加中銀政策金利発表 1.00%の据え置き

[今日の指標]
11月マネーストックM2+CD(日銀)
10月経常収支(財務省)
10月貿易収支(財務省)
10月機械受注(内閣府)
11月景気ウォッチャー調査(内閣府)
第3四半期NZ製造業売上高
10月独経常収支
10月独貿易収支
10月仏財政収支
10月仏貿易収支
10月独鉱工業生産
11月加住宅着工件数
→一応日本の貿易収支と機械受注ですね。

[編集後記]
東京市場の前場は弱かったクロス円ですが、その後は堅調な推移となりました。
ドル円はまた83円を回復して、一応上を狙う展開でしょうか?
時期的にボーナス月で投信設定なども出てきそうで、
もしかすると、そこらへんの買いでもう少し上昇が見込めるかもしれません。
ただ、長期スワップを仕込むのは年明けの方がいいかもしれません。
ここ数年12月に円安となって、1月の頭に円高調整パターンが続いていますからね。

JUGEMテーマ:ニュース

格安 がん保険
| fxyuga | FX初心者にもわかる!昨日の外国為替相場 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: