無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
今、スワップ金利が一番高いフォーランドオンライン
2010年は世界的な低金利政策、金利緩和の年でした。
ただ、日本・アメリカが実質ゼロ金利政策をとり、
欧州、英国もこれ以上の緩和ができない状態の現状、
来年は必ず利上げのタイミングが来ることになりそうです。

新興国については、いち早い景気回復の流れが今年に訪れ、
豪、ニュージーランドについては、すでに利上げサイクルに入っています。
ここ数ヶ月は利上げも落ち着いていますが、オーストラリアについては、
来年も利上げは継続、米のエコノミスト、シンクタンクは、5%以上の金利になることはほぼ確実との予想を立てています。

金利が上がるとなれば、円高で割安感がある今のクロス円はスワップ狙い投資なら仕込みのチャンスかもしれません。
特に金利先高感もあり、資源国で中国とのつながりが強い豪ドルはねらい目の通貨。
年末年初の特殊要因で、クロス円は一旦円高に振れる可能性もありますが、そこはまさに仕込みのチャンスかもしれません。

スワップ金利狙いとなると、こだわりたいのはスワップの高さ。
FX会社、いろいろありますが、スワップ金利については、高い低いのさは、結構あるものです。
たとえば、今、12/13現在の豪ドルのスワップ金利(1万通貨あたり)を比べてみると、

フォーランドオンライン 116円
セントラル短資 105円
フォレックストレード 105円
カカクFX 104円
FXブロードネット 100円

と10円程度の差が出ます。
1日単位なら10円程度の差ですが、一年間を比べると数千円の差になります。

FX会社のスワップ金利は、テクニックなど関係なく、その会社に口座を開設するだけで収益をアップできる一番カンタンな攻略法。

2011年に向けて、スワップ金利に関心があるのであれば、
有望な豪ドルのスワップ金利が一番高いフォーランドオンラインがおすすめです!



JUGEMテーマ:日記・一般
 
| fxyuga | FX初心者にもわかる!FX取引会社レビュー | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: