無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
クロス円伸び悩み、米国債の円転の可能性もあり、クロス円の調整がありそう・・・ ドル円83.26 ユーロ円112.32 6:24 2011/2/15
 5:56時点
ドル円:83.47-83.27(83.09安 83.51高)前日比 -0.14
ユーロ円:112.75-112.29(112.08安 112.97高) 前日比-0.73

昨日のクロス円は、連休明けの輸出の売り、ドイツ州立銀行ウエストLB救済の先行き不透明感などもあり売られました。
ドル円は、84円を超えるかどうか、ユーロ円は、114円に向けて伸びきれるかどうかのポイントでしたが、そうカンタンにはいかなかったようです。

ドル円は、東京時間に輸出の売りで下げました。
11時台には、83.20あたりまでの下落。
ただ、この水準はサポートされて、
欧州時間からは、ユーロドルの下落もあり、上昇。
ニューヨーク時間の22時台には、83.50あたりまで。
ただ、ユーロドルがリアルマネーの買いが入り買い戻されると、ドル円も調整。
83.30あたりまでの調整となりました。
83円前半に底堅さはあるものの、83.50より上は重い、狭いレンジでの動き。
83〜83.50でどちらに伸びるかという展開です。

ユーロ円は、ドル円同様、東京時間に下げて、112.60あたりまでの下落。
欧州序盤に一時買戻しも、17時台、ドイツ州立銀行ウエストLBの件で、ユーロドルが1.35を割り込むと、追随して下落、112.20を割り込みました。
ただ、この水準はサポートされる展開。
ユーロドルも1.345あたりはキープ。
ニューヨーク時間に入って、24時台リアルマネーの買いでユーロドルが反発。
27時台には1.35を見る場面がありましたが、ユーロ円は112.40程度と伸びきれませんでした。
ユーロドルに連動はしているものの、本日米国債の償還を控えており、円買いの可能性もあるため、ユーロ円自体は伸び悩んでいるようです。
チャートの流れからも一旦調整がありそうな気配、112円を割り込むと、一目の雲の上限の111円あたりまでの下落がありそうです。

あと、ずっと上昇を続けてきたニューヨークダウですが、昨日は−5ドルの12268ドルでの引け。
そろそろ調整がきてもおかしくないだけに注意です。

今日は、米国債の償還がどうでるか?円転があるようなら、円が買われる可能性も高くなります。
ドル円83円割れ、ユーロ円112円割れとなると、ある程度の調整もありそうです。

[昨日の指標]
これといった指標はありませんでした。

[今日の指標]
日銀金融政策決定会合(14日〜発表)
RBA議事録
2月独ZEW景況感調査
2月ユーロ圏ZEW景況感調査
2月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
1月米輸入物価指数
1月米小売売上高
12月対米証券投資
12月米企業在庫
2月米NAHB住宅市場指数
→日本の政策金利は据え置き濃厚、注目は、欧州の景気指標ZEWと、米小売

[編集後記]
先週の勢いなら、ドル円は84円超え、チャート的には三角持合を解き放たれて・・・という感じだったのですが、そうカンタンには行きませんね。
ドル円は83〜83.50のレンジではありますが、調整の可能性が高い雰囲気もあります。
ユーロドルの下落、強い米小売あたりのいい流れが重ならないと、84円超えは難しそう。
戻り売りで参入したいかな?という感じですね。

JUGEMテーマ:ニュース

原付バイク 廃車




| fxyuga | FX初心者にもわかる!昨日の外国為替相場 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: