無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
今週もドル円は82円台の動きか?イギリスの政策金利に注目
    先週の相場(週足)
ドル円:81.68-82.30(81.57安 83.04高)前週比 +0.62
ユーロ円:112.36-115.10(111.95安 115.98高) 前週比+2.74
ユーロドル:1.3756-1.3986(1.3711安 1.4006高) 前週比+0.0231

先週は米の指標が総じて強く、全体的にショートカバーの展開となりました。
金曜日に発表された米雇用統計においても失業率などが改善。
ドル円は一時83円を超えました。
ただ、中東情勢不安、それからつながる原油高からのドル売りで、ドルの上値は限定的。
対して、ユーロドルは非常に強く、一時1.40を超えました。
特にユーロの強さが目立った一週間でしたが、
中期的に見ると、ユーロドルは2010年11月の水準まで戻したという状況。
1.40あたりで重くなった調整ということも考えられます。
基本的には、レンジ圏の動きかな?という感じですね。

ドル円は、先週の82円割れから一時83円をつけるまで回復。
ただ、83円を維持できませんでした。
ドル円は、中期的には81〜84円のレンジでの動き、
ただ、ユーロとの兼ね合いもあり、82円台の狭いレンジでの動きに終始となっています。
このままの状況であれば、今週も82円台の動きとなりそうですが、
中東情勢の落ち着き、ユーロドルの調整などがあると、84円に向かう動きが出てきそうです。

ユーロドルは強い動き。
中東情勢の緊迫、原油高の追い風もあり、一時1.40を超えました。
最近の動きだけを見ると強いユーロドルですが、週足で見ると2010年11月の水準に戻したという印象。
ここから伸びて、2010/11/4の1.42813の高値を超えられるかが焦点で、ここを超えると、1.50あたりまでの伸びがあるかも?という感じ。
ただ、1.40でもたつくと、1.35程度への調整もありそうです。

ユーロ円は、ユーロの強さもあり、強い動き。
ただ、115円というレートは、2011年10〜12月に結局抜けることができなかったレートで、ちょっと心配かもしれません。
ユーロドル同様、調整の危険性がありますね。


[今週の指標]
3/8(火) 日本の1月経常収支、貿易収支
3/9(水) 1月機械受注(内閣府)、1月米卸売在庫
3/10(木) RBNZオフィシャル・キャッシュレート、BOE政策金利発表、ECB月例報告、米新規失業保険申請件数、1月米貿易収支
3/11(金) 2月米小売売上高、3月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
→今週は、ニュージーランドの政策金利、イギリスの政策金利、あとは、金曜日の米小売ですね。
ニュージーランドの政策金利はおそらく据え置き、ただ、イギリスポンドの政策金利は利上げ予想もあり、重要ですね。
ユーロの上昇の要因のひとつも利上げ期待、ポンドが利上げとなると、ユーロに対する期待も高まりますね。

[編集後記]
ドル円をメインにトレードをしているのですが、先週は動きづらい展開でトレードせずでした。
今週も82円台の動きかな?という感じですが、下値は堅そうなので、82〜83円のレンジとみて、ドル円のロングで小額抜いていく感じにしようかなと思っています。
先週書いたFXプライムのワンタッチHIGH&LOWですが、1円以上抜けるとおいしいのですが、0.5円程度だと微妙。
今週は先週に続きパスですね。
FXプライム

| fxyuga | FX初心者にもわかる!今週の見通し | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: