無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
もう一度下を見に行く動きに気をつけたい ドル円80.92 ユーロ円114.60 7:22 2011/3/21
先週は、大きく円高が進んで、ドル円一時76円まで下げたものの、
日米欧の協調介入で、大きくショートカバー。
一時82円手前まで行きました。
ただ、その後調整があって、80円半ばまでの下落。

しかし、今の時点で、80.80あたり、ほかのクロス円も総じて強めという形ですね。

協調介入という今までになかった、日本を支えるというニュースが非常に大きかった。
そういう感じがしますね。

ただ、82円を超えられず失速したこともあり、もう一度下値の堅さを試しに行く流れが出てくるかもしれません。
東京市場は休場なので、流れが出るとすれば欧州時間。
15時、16時以降ですね。

欧州勢が下への動きを加速して、ひとまず80円割れを再度目指した場合。
ここが支えられるのかが最初の焦点。
守られると、ショートカバーの動きが加速しそうです。

仮に守られなかった場合、急落のポイントとなった79円割れが試され、
ここも割れると、前回の安値76.25を試しに行く可能性があります。

先週、金曜日は、独連銀、BOE(イギリス連銀)なども介入に参加した事を正式に発表しています。
欧州時間に、介入の動きが出るのか?
ここに注目したいところ・・・

介入の動きが出るのであれば、安心して、スワップ狙いのクロス円買いができそうです。

 
JUGEMテーマ:日記・一般
| fxyuga | FX初心者にもわかる!昨日の外国為替相場 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: