無料ブログ作成サービス JUGEM


←prev entry Top next entry→
GMOクリック証券の外為オプション、チャートで相場の上下を判断するなら
前回の記事の続き、GMOクリック証券の外為オプションの必勝法を考える話ですが、

15分後、相場が上下のどちらに振れているかを判断しなければいけないので、
ファンダメンタル関係や、経済指標、要人発言などで左右されるところは、取引しちゃいけないというのは分かると思います。
理由は、当然、発表次第でどうなるかわからないからですね。

で、頼りにするのはチャート、テクニカル分析になります。

テクニカル分析もいろいろありますが、短期の予想をする上で頼りにするのであれば、
スキャルピングをしている方などが頼りにする分析方法ですね。

で、どのインジケーター、MACD、移動平均、ボリンジャーバンドなどを使うのか?ということになりますが、
シンプルにローソク足、チャートの形、トレンドラインなどから判断するケースが多いようです。

具体的には、ローソク足なら同時線やひげの長さに、三角持合などのチャートの形です。
1分足などの短めのローソク足を表示。
まずは、同時線(十字線)を調べて、そこからのチャートの動きをチェック。
次に、ひげが連発するも超えられないラインを調べて、そこにラインを引くなどをして、チャートの状況を把握。
それを判断基準にして、上下の方向性を決める感じですね。

ま、文章で書くと難しくなりますので、
一目で分かる方法としてはFX会社のテクニカル分析ツールですね。
クリック証券ではありませんが、FXプライムのぱっと見テクニカルなら、
相場の形の形状を過去のチャートの形に照らし合わせてそこからの方向性を判断してくれるパターン分析、各種のシグナルから方向性を示唆する売買シグナル分析などがあります。
→FXプライムのぱっと見テクニカルについてはこちらから

当然、自分で判断する方がいいに決まっていますが、
こういったツールで判断して、ツールの精度をはかるのも一つの方法です。

ま、うまくいかなくても、前回の記事に書いた、負けたら倍の金額をかければいつかはプラスになるという方法をプランに追加すれば、
2、3回の負けは想定に入れることができます。

テクニカル分析の読み方を覚える練習と考えるのなら、
100円からできるってのはなかなかオトクかもしれませんね。

外為オプションに興味をもった方はこちら、
口座開設は無料100円からお試し可能です。
 GMOクリック証券











JUGEMテーマ:日記・一般
 





| fxyuga | GMOクリック証券の外為オプション | - | - | - | - |